2014年11月26日

リスタート(追記あり)

こんばんは。

本日、久本投手の手術がおこなわれたとのことです。

手術が終わったばかりなので、本人と話はしてませんが、手術以前に話したときに入院期間は短く、退院後しばらくは名古屋に滞在してリハビリをおこなう予定とのことでした。

また、今回はハムストリングと呼ばれる細長い半腱様筋という脚からの移植と聞いておりますが、こちらはギプス固定にはならないようなので、来月の自主トレの際には下肢のトレーニングはおこなえるのではないかと思います。(追記:当初は靭帯移植の手術になると聞いておりましたが、その必要がなかったようで脚からの移植はおこなわなかったそうです。)

ただ、これは予定であり術後の経過により変わりますので、今週の日曜日と来月に久本投手と会いまして確認していきたいと思います。

これから復帰に向けたリハビリが始まっていきますが、復帰は勿論のこと、その先も長くプレーするための期間となることを願います。

posted by たて at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

120

こんにちは。

本日、広島カープの背番号変更が発表され、久本投手は120番になるそうです。

育成選手なので、3桁の番号になるのはわかっているのですが、実際にユニフォーム姿を見るまではイメージがわかないのが、正直な感想です。

あと10日程で手術になり、その後は再来年の復帰へ向けたリハビリとなりますが、再び1軍のマウンドに立つとき、そのときまで空いていたなら、65番のユニフォームを着てもらえたらと思います。



posted by たて at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

育成選手契約

こんにちは。

本日、久本投手が育成選手として契約を結んだそうです。

年俸は今季の半分以下になったようですが、それよりも復帰までの時間を与えてもらえたことの方がありがたいことかと思います。

来季は再来年の復帰を目指した年になりますし、それが目標であってよいのですが、それだけでなく、その先に続くよう(私的には40歳現役であってもらいたいです)リハビリに励んでもらいたいです。

posted by たて at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

自主トレ・・・非公開です

こんばんは。

プロ野球の来季の日程が発表されましたね。

来季は143試合と今季より1試合少なくなるそうで、交流戦は24試合から18試合、レギュラーシーズンは各チームとの対戦が24回戦から25回戦に変更になるそうです。

3月のことなので、だいぶ先のことのように思えますが、秋季キャンプが終わって、オフを挟んで自主トレをおこなったらキャンプインですから、あっという間ですね。

その自主トレですが、参加選手や日程も決まり、準備はほぼ整いました。

ほぼというのは、久本投手のメニューは術後の経過で変わってくるので、これについては来月になるかと思いますが、先日の記事でもお伝えしましたが、時期的に出来ることと出来ないことがありますから、心肺機能や体幹、下肢のエクササイズになってくるかと思います。

先日の記事を含め補足になりますが、出来ることと出来ないことで言えば、個人差があるとはいえ、キャッチボールは術後4ヶ月〜5ヶ月くらいになりますから、自主トレ中に投球というのはありません。

再来年の1軍復帰を目指すと申しましたので、来季は投球が出来ないというような解釈をされた方もいらっしゃるようですが、これも個人差があるので絶対ではありませんが、競技への完全復帰には1年前後掛かります。

育成選手が1軍の試合に出場するには支配下登録される必要がありますが、これの期限が7月末になります。

それまでにキャッチボールはおこなえてはいるかと思えますが、試合登板はまだ先になるでしょうから、支配下登録はないでしょうね。(これが間に合うのなら、戦力外になってないですね)

ですから、1軍の復帰は再来年になると申し上げた次第です。

話を戻しますが、自主トレの久本投手以外の参加選手や期間については今後、スポーツ紙等で公表されると思いますので、それまでは公表は控えさせて頂きます。

また、ご質問も頂いておりますが、来季の自主トレは報道ならびに選手の関係者以外への公開はありませんので、ファンの方の見学はできません。

ですので、トレーニング場所がお分かりになっても施設へのお問い合わせやご来場はなさいませんようお願い申し上げます。
posted by たて at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

復帰のための戦力外

こんばんは。

本日、広島カープの戦力外通告がおこなわれ、久本投手が戦力外となりました。

久本投手は来月、肘の靱帯の手術を受けるので、これは仕方ないですし、来シーズンの登板ができないことがわかっていて、育成選手として球団に籍があれば再来年に復帰を目指せますから、その機会を与えて頂けたのは年齢で判断されることが多いことも考えますとありがたいことだと思います。

今季中の復帰を目指す中で遠投以降、気になる部分があり状態が上がらず、それが靱帯で保存ではなく手術を選択するということでしたから、復帰までの時間的に育成選手になるというのも予想できたので、戦力外の報道に驚きもしませんでしたし、どっちつかずの状態でプレーするより、しっかり治して復帰を目指すという意志を聞いていたので、時間はかかりますが、先へ進むだけですね。

自主トレも例年通りで予定してますし、違うのは久本投手以外の選手がキャンプに向けた準備になるのに対して、久本投手の場合は来るべきときに備えた準備になる点ですね。ここで何かしたから、キャンプインと同時にピッチングができるようになるとかではないですし、患部に対してはできることとできないこともありますから、ベースの部分を見つめ直していければと考えてます。

手術、戦力外というとネガティブに捉えるかもしれませんが、むしろポジティブだからこその選択だと思いますし、再来年、1軍のマウンドに立つ姿がイメージできているので、その日に向け、私もサポートできたらと思います。

posted by たて at 19:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

良好

こんばんは。

昨日、久本投手のコンディションの確認で広島へ行ってきました。

現在、立ち投げでブルペン入りしたことは報道されましたが、投球中、投球後、翌日に痛みが出るといったこともなく状態はよいとのことでした。

だからといって毎日ブルペンに入っているわけではなく、遠投がメインのときもあれば、ノースローのときもあるそうです。

遠投については前回の記事でも触れましたが、70メートル程度でおこなえているそうで、怪我する前の距離に戻っています。

ですが、以前と異なるのは強度(ボールを投げるときの強さ、身体の力の入れかたと思ってください。)なので、この辺りと球数がどれだけ上がってくるかが、次の段階への目安になるかもしれませんね。

投球についてはこれ以外に変化球が気になったので聞いてみたのですが、試合で投げるような球とは違いますが、カーブは軽く投げているそうです。

これについてもカーブといいますか、変化球を投げたから痛みが出るといったことはないそうです。

今後についてはコンディションが上がってくるのが前提ですが、実戦登板については紅白戦や練習試合、フェニックスリーグといったものを視野に入れているようです。

当然、その先も目指す訳ですが、久本投手曰く、いま投げてる人たちとの兼ね合いになると言ってました。

これはその通りで、いくら実績があるといっても実戦から離れているのは事実ですし、久本投手がやるべきことはコンディションを上げてチーム内の競争の舞台に戻ることですから、そういう表現になったのではないかと思います。

まとまりのない記事で申し訳ないのですが、兎に角よかったのは痛みなくできているというのが、わかったのでよかったです。
posted by たて at 22:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

ブルペン入り

こんばんは。

現在3軍にて故障からの復帰を目指している久本投手ですが、昨日ブルペン入りしたとのことです。(ブルペン入りの様子は前記事「広島にて」のあきらさんから頂いたコメントよりご覧頂けます。あきらさん、ありがとうございます。)

久本投手とは色々と連絡を取り合っておりましたが、状態については報道されていないことは、それがあるまではブログでお伝えすることは控えておりました。

ブルペン入りについては状態が良ければ今週入ると聞いておりましたが、久本投手の場合は遠投がそのバロメーターになるので、先日話したときで70メートルくらいを繰り返しおこなえたとのことでしたから、ブルペン入りにあたって自身が考えてる状態はクリアできたと思います。

今日のところは平地から傾斜に変わっての状態を含めた確認になるかと思うのですが、これから力を入れて痛みが投球中、投球後、翌日にないかをみながら球数を増やしていき、バッティングピッチャーやファームといった実戦登板を経て1軍復帰を目指すことになるでしょうから、このあたりのことは水曜日に久本投手と会ったときに確認したいと思います。

具体的な復帰がいつということはわかりませんが、10月にビッグゲームがありますから、そこへ間に合ってくれたらと期待しています。
posted by たて at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

広島にて

こんばんは。

今日は広島にて久本投手に会ってきました。

目的としては怪我した部位の現在の状態の確認になりますが、簡潔に申し上げるならば、自分が思っていたより、状態がよかったです。

報道にもありましたが、ギプスは予定通りの3週で外れて固定期間が終わり、患部のリハビリに入ったそうです。

ギプスをした経験がある方はお分かりになられるかと思うのですが、すぐには怪我する前と同じように動かすことができず、関節の曲げ伸ばしで苦労されたことかと思います。

3週とはいえ、久本投手も固定していたので、肘、手首、指といった部位の可動域を心配していたのですが、この点に問題はなく、ギプスが外れたときと比べ多方向に動かすことができ安心しました。

また、これに伴って筋力の方も強化しているそうですから、ここまでは順調にきていると思います。

復帰の時期が気になるところですが、まだボールを投げてませんから、その先を考えれば今月はありませんが、ここまでの経過がよいので、この先も順調に進み年内復帰に繋がってくれたらと思います。

これ以外には復帰の前に気の早い話になりますが、来年の自主トレについて、トレーニングの場所や内容などを話しました。

自主トレの話ができるというのは、逆にいえは来年を見据えられる状態にあるからですし、多くの方にご心配頂いておりますが、久本投手は元気ですし、復帰に向け頑張ってますから、ご安心ください。

posted by たて at 20:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

ひと安心

こんばんは。

肘の怪我にて、現在リハビリ中の久本投手ですが、その様子が広島ホームテレビの番組で取り上げられました。

私はこれについては、あきらさんからコメントを頂いて知ったのですが、本人が復帰に向けて、前向きになっていて安心しました。

久本投手がという意味ではありませんが、怪我をしたアスリートは怪我をしたことはわかっていても、それを現実的に捉えることが怪我をした当初は難しく、一種のパニック状態になることもあります。

どの程度の怪我であるのか、どのようなリハビリをおこなうのか、復帰はいつ頃なのか等、復帰へ向けた過程が見えてくると気持ちも前向きになってくると思うのですが、久本投手も具体的な復帰の目標を立てていたので、怪我を現実として受け入れ、復帰へ向け気持ちが切り替わっているのでよかったです。

番組では菊池選手からの励ましが紹介されていましたが、この方が落ち込まなくていいですね。

勿論、二人の信頼関係が築かれているからこそですが。

まとまりのない文書になってしまいましたが、復帰へ向けた一歩を踏み出したことは確かなので、安心しました。

また、この番組で取り上げられたかはわからないのですが、庄司選手も怪我で3軍のようです。

久本投手同様、1日でも早く復帰することを願っております。(庄司選手の怪我についての情報をご存知の方は御一報頂けるとありがたいです。)
posted by たて at 01:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

抹消

こんばんは。

久本投手、昨日の怪我により、本日、出場選手登録が抹消となりました。

怪我についても「尺側手根屈筋起始部損傷」で3週間ギプス固定との記事がありました。

聞きなれない診断名ですが、簡単に申し上げると腕の小指側にある主に手首を曲げるときに使う筋肉を痛めたということになります。

これだけですと肘との関連がわからないと思うのですが、筋肉はどこから始まり、どこで終るという、起始、停止というのがあり、尺側手根屈筋の起始が上腕骨の内側上顆、肘頭、尺骨の後縁上部の3分の2といった一般的に肘と呼んでる部位になり、この筋肉を痛めると内側上顆や肘関節に異常を起こします。

また、既往歴のある内側側副靭帯については影響があるような記事がありましたが、再断裂といった重大な損傷に関する記事はなかったので断裂はないようです。

とはいえ、固定期間が3週間なので、その後のリハビリや復帰過程を考えると1ヶ月程度の離脱で済むレベルの怪我でないことは容易に想像がつき長期離脱は避けらませんが、1日でも早くマウンドへ戻ってくることを願っております。
posted by たて at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

DeNA12回戦 8試合目

こんばんは。

本日、横浜スタジアムにておこなわれたDeNA対広島戦で久本投手の登板がありました。

久本投手はDeNAが5対4とリードで迎えた6回裏から2番手で登板し、以下の内容でした。

6回裏

多村、二安
バルディリス、遊ゴ併殺
梶谷、一ゴ

7回裏

桑原、四球

投球回数1、被安打1、四死球1、三振0、自責点0

録画を見たのですが、桑原選手への4球目を投げた後から異変があったようで、5球目を投げた後しきりに腕を気にしてましたね。

再昇格してから調子もよく、僅差の場面で登板する中継ぎだったので、本人は勿論、チームにも痛い離脱になりましたね。

抹消は避けられない状況ですが、早期復帰となることを願っております。

また、ご心配を頂き、ご連絡を頂いた方もいらっしゃいましたが、私は何かを申し上げる立場にありませんので、ご容赦ください。
posted by たて at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

日本ハム4回戦 7試合目

こんばんは。

本日、マツダスタジアムにておこなわれた広島対日本ハムの交流戦で久本投手の登板がありました。

久本投手は日本ハムが4対3とリードで迎えた4回表から2番手で登板し、以下の内容でした。

4回表

中島、四球
西川、右飛
村田、二ゴ
大谷、三振

5回表

中田、中安
ミランダ、二飛
大引、左飛
石川、遊ゴ

6回表

大野、三振
中島、左飛
西川、四球
村田、中飛

7回表

大谷、二ゴ

投球回数3回1/3、被安打1、四死球2、三振2、自責点0

試合は先程、録画を見たのですが、4回、5回と先頭打者に出塁を許しましたが、無失点に抑えよかったです。

同点に追いつき、次の1点が勝敗を左右するという中でのロングリリーフでしたが、試合を作れましたし、久本投手だけではないですが、サヨナラ勝ちにつながる貢献ができたのではないかと思います。

私的には、ショートイニングとロングリリーフ、またキャッチャーの違いによる配球の違いが参考になりました。

交流戦が終了となり、後半戦が始まりますが、リーグ優勝に向け頑張ってもらいたいと思います。

また、戸田投手が後半戦はローテーション入りとなりそうなので、是非とも初勝利をあげてもらいたいです。
posted by たて at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

楽天3回戦 6試合目

こんばんは。

本日、マツダスタジアムにておこなわれた広島対楽天の交流戦で、久本投手の登板がありました。

久本投手は広島が6対1とリードで迎えた8回表に2番手で登板し、以下の内容でした。

8回表

牧田、遊ゴ
森山、三振
岡島、二ゴ

投球回数1、被安打0、四死球0、三振1、自責点0

帰宅してから中継を見ていたのですが、間隔が空いたこともあり、球も走ってましたし、甘い高さに入るといったこともなく、大変よい状態にあるように感じました。

また、今日の継投を見ますと勝ちパターンでの起用になるのかなと思いました。

これまでが、ビハインドでの登板が多かったので違和感のある方もいらっしゃるでしょうが、現在の投手陣であれば、久本投手―中田投手―ミコライオ投手というリレーがよいと思いますし、今村投手の調子があがってくれば久本投手と併用していけばと思います。

勝ちパターンの起用は私の予想なので、どうなるかわかりませんが、抑えでも中継ぎでも先発であっても、そのとき望まれる起用にこたえてチームの勝利に貢献してもらいたいです。

posted by たて at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

ロッテ3回戦 5試合目

こんばんは。

本日、QVCマリンフィールドにておこなわれたロッテ対広島の交流戦で久本投手の登板がありました。

久本投手はロッテが6対4とリードで迎えた8回裏、1死1・2塁から登板し、以下の内容でした。

8回裏

角中、遊ゴ
ハフマン、右2
クルーズ、右飛

投球回数2/3、被安打1、四死球0、三振0、自責点0

先程、録画を見たのですが、角中選手は真ん中、ハフマン選手は高めのストレートを打たれてましたね。

3連投の影響もあったのかもしれませんが、この展開で、いまの投手陣ですと任せられる投手が、3連投でも久本投手しかいないですからね、抑えないとならなかったでしょうし、本人が一番悔しい思いをしているかと思います。

さすがに4連投はないかと思いますが、久本投手の登板の有無に関わらず、明日こそは勝ってもらいたいです。
posted by たて at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西武4回戦 4試合目

こんばんは。

昨日、西武ドームにておこなわれた西武対広島の交流戦で久本投手の登板がありました。

久本投手は西武が7対0とリードで迎えた8回裏に3番手で登板し、以下の内容でした。

8回裏

金子、遊ゴ
炭谷、右飛
永江、三振

投球回数1、被安打0、四死球0、三振1、自責点0

投球の方は録画を見たのですが、連投を無失点に抑えましたし、内容もよかったと思います。

久本投手の場合は登板する状況が限定されず、いろんな状況で登板するかと思いますが、昨シーズンもそれは経験してますから、今季も同様の活躍を見せてもらいたいです。

また、この試合の先発は戸田投手でしたが、残念ながら敗戦投手となってしまいました。

しかしながら、初回こそ苦しみましたが、回を増すごとに良くなってきたと思いますし、ホームランの後も崩れなかったのはよかったと思います。

5回2失点でしたから次に繋がるかと思いますので、次回登板が先発であれば勝ち投手となるよう頑張ってもらいたいです。

自主トレを担当させて頂いた選手がよいパフォーマンスを見せてくれるのは嬉しいのですが、チームは8連敗中ですから、今日こそは連敗を止めてもらいたいです。
posted by たて at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

西武3回戦 3試合目

こんばんは。

本日、西武ドームにておこなわれた西武対広島の交流戦で、久本投手の登板がありました。

久本投手は西武が2対1とリードで迎えた5回裏から3番手で登板し、以下の内容でした。

5回裏

秋山、三振
渡辺、三ゴ
栗山、三振

6回裏

中村、左2
メヒア、三振
木村、遊ゴ
金子、三振

投球回数2、被安打1、四死球0、三振4、自責点0

再昇格して、早速登板がありましたが、追加点を許してしまうと勝敗がほぼ決まってしまう展開を無失点に抑えることができよかったです。

試合の方は見ていないのですが、三振が多く、四死球もなかったので、リズムもよかったのでしょうし、前回からの修正についてもできていたのではないかと思います。

考えてみれば1試合悪かったとして、それが修正できずにズルズルと悪い方へいってしまう投手だったら、13年もプロの世界でやれてないですからね。

緊迫した状況の登板でパフォーマンスが出せ、再昇格後のよいスタートができたと思いますので、次回の登板も頑張ってもらいたいです。

また、明日の先発は戸田投手と発表がありました。

勝ち投手となることを期待してます。
posted by たて at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1軍合流

こんばんは。

スポーツ新聞のサイトに記事があり、11日のマツダスタジアムでの1軍練習に合流しましたので確実かと思いますが、久本投手が再昇格となるようです。

正直なところ、交流戦期間中の昇格はないと思っていたので、1軍投手陣の故障や不調とはいえチャンスが巡ってきたことは嬉しく思います。

昇格前の登板はよくなかったですが、昨年の開幕2戦目で先発し好投したときも、その前のオープン戦では打たれましたから、このときのようにしっかり修正していると思います。

また、若手の多いブルペン陣ですから、久本投手のような経験豊富な投手がいるというのはプラスになるのかと思います。

起用については中継ぎが主かと思いますが、シーズン終了まで1軍で活躍してもらいたいです。
posted by たて at 01:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

2軍阪神13回戦登板

こんばんは。

本日、鳴尾浜球場にておこなわれたウエスタン・リーグ、阪神対広島戦で久本投手が先発し、以下の内容でした。

1回裏

北條、右2
黒瀬、犠打
狩野、三振
陽川、三振

2回裏

原口、左本
中谷、中安
藤井、左2
一二三、捕邪飛
西田、三ゴ
北條、四球
黒瀬、三振

3回裏

狩野、投ゴ
陽川、一邪飛
原口、左安
中谷、二失
藤井、右飛

4回裏

一二三、三振
西田、二飛
北條、三振

5回裏

黒瀬、中本
狩野、中安
陽川、中本
原口、左安
中谷、左2
藤井、遊ゴ
一二三、左2
西田、右飛
北條、中直

6回裏

黒瀬、二安
狩野、三振
陽川、遊ゴ
原口、四球
中谷、三振

投球回数6、被安打12、四死球2、三振7、自責点6

先発予定だった野村投手が1軍合流ということで急遽先発しましたが、打たれましたね。

仕事前にテレビ中継があることと先発なのがわかったので、録画を先程見たのですが、結果だけ見るのと映像で見るのとでは状況がよくわかり全然違いますね。

5点目、6点目は打ち取ったサードゴロがタイムリーとなってしまったので、この失点については運がなかったですが、これ以外は真ん中にいってしまったり、高さが甘かったりと制球の精度が低かったように感じました。

6連戦中や降格となる投手が合流していない等、久本投手を引っ張らざるえない状況というのもありましたが、急遽先発でおそらく先発調整していなかったとはいえ、ここまで失点したのは久しくなかったので残念です。

また、1軍の3投手が降格という状況で昇格できないというのも大変残念ではあるのですが、2軍で失点していなかったとはいえ、変化球の精度が今日のような感じであったとしたなら、1軍では抑えるのは厳しいですから、2軍からの推薦がなくても仕方ないと思いました。

先発で球数も多かったですから、近日中の登板はないでしょうし、今日の内容的にも交流戦期間中の昇格は難しいかと思いますが、レギュラーシーズンが再開されてから、1軍に昇格できるよう、頑張ってもらいたいと思います。
posted by たて at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

2軍オリックス12回戦登板

こんにちは。

本日、由宇球場にておこなわれたウエスタン・リーグ、広島対オリックス戦で久本投手の登板がありました。

久本投手はオリックスが4対3とリードで迎えた9回表2死満塁から登板し、以下の内容でした。

9回表

中村、右3
三ツ俣、三振

投球回数1/3、被安打1、四死球0、三振1、自責点0

走者一掃の3塁打を打たれてしまいましたね。

試合を見ていないので、どんな球であったとか、外野の守備位置などわからないのですが、追加点をあたえてしまいましたね。

厳しい場面の登板で打たれてしまったのも残念ですが、私的には今日2軍で登板している方が残念でした。

ミコライオ投手が戻って、投手を12人にするのではないかと思うのですが、日程に余裕がある交流戦とはいえ、いまの投手陣の状態を考えると11人ではと思いますし、中田投手の負担が大きいように感じます。

私が決めることでないのは百も承知ですが、明日からは指名打者制がありませんし、ミコライオ投手の昇格前に久本投手を昇格させてはと期待していたので、大変残念です。

また、庄司選手が本日、登録抹消になってしまいました。

指名打者があったり、相手投手が左投手と出場機会に恵まれませんでしたが、1軍での経験は今後に活かされると思いますので、再昇格目指して頑張ってもらいたいです。
posted by たて at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

2軍中日10回戦登板

こんにちは。

本日、ナゴヤ球場にておこなわれたウエスタン・リーグ、中日対広島戦で久本投手の登板がありました。

久本投手は中日が4対3とリードで迎えた8回裏に登板し、以下の内容でした。

8回裏

福田、右飛
堂上、三振
古本、三振

投球回数1、被安打0、四死球0、三振2、自責点0

追加点を与えられない展開を無失点で抑えよかったです。

1軍の投手が不調の際は入れ替われる状態にあるかと思いますので、好調を維持し再昇格を目指してもらいたいです。
posted by たて at 16:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする