2007年04月24日

1軍昇格

先程、本日のプロ野球の公示があり、自主トレーニング期間のコンディショニング指導を担当している、久本祐一投手(中日ドラゴンズ)、吉川昌宏投手(ヤクルトスワローズ)が出場登録されました。
久本投手のコンディショニング指導は、入団2年目を迎える2003年から毎年1月に静岡県にておこなっています。
最初は、彼と私の2人でおこなっていましたが、西山道隆投手(ソフトバンクホークス)、吉川昌宏投手(ヤクルトスワローズ)と仲間が増えました。
ちなみに、久本投手と吉川投手は大学時代のチームメイトです。
彼らにおこなっているコンディショニングは以前の記事で御紹介しましたが、久本投手、吉川投手は中継ぎとして起用されることが多いので、メニューの強弱をつけ、静岡での自主トレ期間中(約2週間)は、ほぼ毎日何らかのトレーニングをおこない、休みは1日程度といったスケジュールです。
西山投手は先発で起用されることが多いので、両名とは違ったコンディショニングが必要になります。
自主トレ期間中は、彼らも私もホテルに泊まっていて、朝食はホテルで摂りますが、昼食と夕食は外食になります。
彼らと食事を共にして、驚かされるのが食事の量です。
身体が資本とはいえ良く食べます。
ただ、闇雲に食べているのではなく、トレーニング主体なので、意識的にたんぱく質は多く摂ったり(お肉が多いイメージがあるかも知れませんが、魚を意識的に摂る日を作っています)、エネルギー源である炭水化物、また、汁物、乳製品、野菜も摂るようにして、栄養フルコース型の食事を心掛けています。
これらは私が指示しなくても、彼らが意識的におこなっています。
プロ野球は、まだ20試合程度が終わったばかりで、先は長いので、3名の今年の活躍に期待したいと思います。

2007年、自主トレーニング風景(写真)
ボディプラスという振動マシンでトレーニングしています。
no-title
posted by たて at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック