2016年03月29日

回跨ぎ

こんばんは。
今日は広島の2軍と巨人の3軍の練習試合がおこなわれ、久本投手の登板がありました。

久本投手は1対1の同点で迎えた6回表から3番手で登板し、以下の内容でした。

6回表

芳川、右飛
松崎、左飛
青山、三振

7回表

田中、中安
坂口、二併
北之園、遊ゴ

投球回数2、被安打1、四死球0、三振1、自責点0

間違いがなければ、回跨ぎは復帰後、初めてではないかと思うのですが、今日はこれが一番の収穫ではないかと思います。

また、前回のウエスタン・リーグでの登板から間隔が空かずに登板したことも大きいかと思います。と言うのも、いまの1軍の投手起用であれば、望まれるのはロングリリーフと点差があるときの登板ではないかと思います。

それを考えますとイニングを投げれるというのは1軍を考えたときに必要ですし、登板間隔が短い、もしくは連投ができるというのも必要かと思います。

その点では、まだ1つ階段を登っただけですが、よかったと思います。

今後はイニング途中や連投も経験する必要があるかと思いますし、可能であれば1軍で先発するとかではなく、ロングリリーフ対応のため、2軍で先発して5回か6回くらい投げることがあってもと思います。

今日に関してはコンディションの面で手応えがあればと思うので、今後も1軍を見据えて頑張ってもらいたいと思います。
posted by たて at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 久本投手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする